エコピープル。

私もエコピープル(eco検定合格者)の仲間入りを果たしました!

受験票が届くまで、自分がeco検定に申し込んでいたことすら忘れていたのに、いざ勉強してみると面白くて面白くて(といっても、ほ~んと勉強するのが遅かったので、ほぼ毎日2時間しか寝ずに4日間で叩きこんだのですが…)。

世界で取り組んでいるコト、日本で取り組んでいるコト。
子どもも大人も一緒に楽しく取り組めるイベントの紹介や実践している地域の紹介など。
eco検定のテキストには、生活に役立ちそうなことも載っていました。
もちろんテキストのメインは、大気汚染、水質汚濁などの説明や環境問題について世界規模で開催された会議の名称やそこでの取り組み等。正直、テキストを読んでいるうちに眠りにつくような部分もありました。

テキスト内容はテーマごとに分かれているのに、問題は時系列で出題されているものもあるので、ちょっとした頭の整理をしておくことも必要でしたが、テキストを熟読すればかなりの得点が期待できる!と今回受けてみて実感しました。

企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)が色んな局面で求められている昨今、社員ひとりひとりが環境に対する問題意識を持っているのか等、数字的にアピールするには明確で容易な手法として、エコピープル在籍数を公表する企業も増えてくる可能性も?!

私が働いている会社でもエコピープルを増やすべく、去年の夏から本格的に試験対策を実施しています。これからどんどんエコピープルが増えて行くのかと思うと、今合格しておいてよかったのか?!

2011年、まずは7月にチャレンジしてみては?!

この記事へのコメント